自動車業界向けデータ取引ソリューション

データ取引を活用して安全で持続可能なモビリティを促進し、ドライビング体験を改善できます

データ取引でコネクテッドカーのデータを活用する

電化、車両自律性の改善、二酸化炭素排出量に対する規制の厳格化、接続性の改善など、さまざまな要素がモビリティ業界の変革を促しています。コネクテッドカーなどハイテクのモビリティが生成するデータ量は、爆発的に増えています。

自動車業界の将来は、モビリティデータのパワーを活用してエコシステム全体で成長し続け、サステナビリティを向上し、魅力的な新しい付加価値のあるドライバー向けサービスを開発することにかかっています。自動車およびモビリティ関連データの商品化は、企業にとっても新たな収益源につながります。

Dawex のデータ取引テクノロジーは、セキュリティを確保し規制を遵守した環境で、自動車およびモビリティ業界におけるデータ流通を促します。これにより、ドライビング体験の改善、経営効率の強化、より優れた生活のための安全で持続可能な交通を実現できます。

データの価値を最適化し、データ保護規制を遵守する

コネクテッドカーのデータは、自動車の装備、搭載センサー、スマートシティで展開されている V2X インフラストラクチャなど、さまざまなソースから取得されます。Dawex データ取引プラットフォームにより、これらのデータを自動車エコシステム内で安全に流通させ、生産性の向上やデータ商品化の機会を生み出すことができます。Dawex のテクノロジーは GDPR に準拠しているだけでなく、カリフォルニア消費者プライバシー法 (CCPA)、ブラジル個人データ保護法 (LGPD)、日本の個人情報の保護に関する法律 (APPI) 、将来の EU デジタルガバナンス法案など、個人データ保護規制に準拠した必要機能を提供しています。

セキュリティと持続可能性を強化

コネクテッドカーが生成するデータは、道路の安全性を高め、より持続性の高い交通を可能にし、より良い社会を実現するために欠かせないデータです。このようなデータを適切な機関と共有することで、人びとの生活を守り、エネルギー節減を促進できます。

効率性の向上とコスト低減

自動車業界では、コネクテッドカーのデータを利用して経営効率の改善、製品開発部門への情報提供、修理の予想やリサイクルプログラムなどを提供することで、自動車の生涯価値を最適化できます。

新サービスで収益を創出

データは、顧客の期待に応え、電気自動車関連のサービスや革新的な保険商品の開発など、企業活動の成長を促すために欠かすことができません。
McKinsey & Company 社によると、コネクテッドカーのデータを基に開発されるサービスは、2030年までに 4,500~7,500 億ドル規模に達すると見込まれています。
McKinsey 社『Monetizing car data 』 、2016年9月

高速道路の建設、設備、安全関連の業界

交通安全

コネクテッドカーのデータは、ドライバーと周辺コミュニティの安全強化に貢献します。コネクテッドカーのデータを安全なデータ取引所で取引・配布することで、個人や環境保護につながる意思決定が容易になります。これらのデータには、以下が含まれます。

  • 道路設計者が危険箇所を特定・改善するために役立つエアバッグや急ブレーキの利用に関するデータ
  • 道路建設現場の安全を強化する、ドライバーの習慣やスピードに関するデータ
  • ドライバーに危険回避を警告する、車載アラートによる警告データ

自動車メーカーおよび販売ディーラー

電気自動車関連サービス

Deloitte 社によると、世界の電気自動車販売数は 2030 年までに 29% 増加すると見込まれています。コネクテッドカーが生成するデータを使用することで、増え続ける電気自動車ドライバーの体験向上を支援し、自動車エコシステムに直接的・間接的に関わる企業・組織間でのデータ活用を促進します。データ取引テクノロジーを利用すると、安全かつ簡単に情報を共有できます。特に、以下のようなケースが考えられます。

  • 電気自動車の充電ステーションの場所を最適化するための移動のトレンド
  • ユーザー体験を簡素化するための、モバイル充電アプリに関するドライバーの習慣についてのデータ
  • 効率性と再利用を促進する、バッテリーのライフサイクルデータ (最寄りのリサイクルオプション付き)

公的機関およびスマートシティ

効果的で持続可能な輸送

環境に優しい将来を実現するために、より効果的で持続可能な輸送に取り組む必要があります。

二酸化炭素排出量に対する規制は、世界中で強化されており、二酸化炭素排出量を低減するための数多くの革新的なデータ活用例も生まれています。このようなイノベーションには、データ取引テクノロジーを活用したデータ流通の加速が不可欠です。これらのデータには、主に以下のようなデータが含まれます。

  • 交通量が少ないときに移動したり、目的地までの最速ルートを選択するための交通量データ
  • スマートシティで動的な速度制限を実施するための交通量フローデータ
  • オンデマンドモビリティやカーシェアサービスのプランを開発するためのドライバーのトレンドデータ

輸送およびサプライチェーン

保有車両のメンテナンス予測

ドライバーの車両の使用状況の把握は、メンテナンスニーズの予測に役立ちます。車両診断データと傾向に関する情報をデータ取引所でサービスプロバイダーと共有することで、故障を避け、保有車両を常に効果的に使用できるようにします。データ取引は、特に以下を支援します。

  • 自動車メーカーのデータとドライバーの車両の使用パターンのデータを統合し、部品交換を予測する
  • タイヤの空気圧や位置情報などのデータをリアルタイムでモニターし、迅速に対応する
  • 車両タイプや地域別の事故の類似性についてのデータを集約する

保険エコシステム

革新的な保険サービス

自動車データの活用は、特に「新世代」の革新的な保険商品の開発など、新しいビジネスチャンスを生み出します。診断データや運転パターンのデータをデータ取引プラットフォームで保険会社と共有することで、チームの効率、意思決定、顧客体験を改善できます。以下のような例があげられます。

  • 新しい消費形態に応えるため、使用状況に基づいた保険契約 (走行距離に基づいた保険など) を提案する
  • リアルタイムの事故報告で、ドライバーを簡単にサポートし、保険申請を迅速に処理する
  • ドライバーの運転パターンを分析し、パーソナライズされた保険商品を提案する

自動車業界向けデータ取引ソリューションを活用して、ビジネスを発展させる

Dawex は自動車業界のデータ取引戦略の加速とロードマップ推進を支援します。社内外でデータを流通させる方法や、データハブの管理方法についてのインサイトを発見しましょう。

Dawex はすでに、自動車業界の関連企業のデータ取引戦略の立案に対してアドバイスを提供しています。Dawex のデータ取引アドバイザリーサービスは、自動車業界のエコシステムに携わる組織が新しいビジネスチャンスを生み出し、データに基づいた戦略を策定できるように支援します。

データ取引を活用してビジネス課題に挑戦する

データ取引テクノロジーは、リスクを低減しながら最適化されたデータ流通ができる、安全で信頼できるプラットフォームを提供しています。データ取引プラットフォームは、データソーシングとデータ評価機能により、組織の生産性と効率性も向上させます。

データ取引ソリューションは新しい収益源を作り出し、革新的な商品やサービスの開発を支援するだけでなく、企業価値も向上させます。

データ取引の最新ニュースをチェックしましょう

データ経済の発展、データ取引の成功要因、データ取引所のビジネスメリットなどに関する四半期ごとのインサイト、分析や見通しをお送りさせていただきます。

自動車業界に特化したデータ取引のエキスパートとの電話相談をご予約ください