Dawex データ取引が実現したイノベーションとパフォーマンス

何千もの組織が Dawex のテクノロジーを信頼し、安全なデータのソーシングと取引を実現しています

Agdatahub: 農業データ取引プラットフォーム

Agdatahub は、農家や関係者のニーズに応えるため、安全なデータ取引プラットフォームを提供しています。この API-AGRO プラットフォームは、フランスとヨーロッパにおける農業分野のデジタル化を促進し、農業関係者が市場の進化に適応して日々収集するデータの価値を引き出すことを目的としています。 

Agdatahub は Dawex データ取引テクノロジーを使用し、ヨーロッパの農業コミュニティが独立したプラットフォームでデータを配布、取引、シェアして、データの価値を引き出すことができる、安全なエコシステムを運用しています。

Agdatahub により、フランスとヨーロッパの農業関係者は農業を革新し、国際的な競争力を高め、データを成長のために活用することができます。

success-stories_agdatahub

日本データ取引所が日本のデータ取引市場をけん引

2019年に開催されたG20大阪サミットで「信頼できるデータの自由な流通」が提言されて以来、日本ではデータ取引の枠組みを定める基準や規制の定義が積極的に進められています。 

2020年9月には、兼松株式会社と日本データ取引所が革新的なプラットフォーム JDEX を始動させました。JDEX は Dawex データ取引テクノロジーをベースにしており、日本における安全なデータ取引の促進とデータを中心にした大企業の強力なコミュニティの構築を目的としています。 

日本データ取引所により、公的機関と民間機関はデータをソーシング、シェア、商用化することができ、日本経済のデジタルトランスフォーメーションを加速させていきます。

sucess-stories-jdex

最大規模のデータ取引所

Dawex が運営するグローバルデータ取引所には、世界中から何千にもおよぶ組織が登録しています。会員の業種は農業、航空、自動車、金融サービスと保険、建設、エネルギー、運送・輸送、一般消費財、通信、旅行産業など、20 以上におよんでいます。会員組織は、グローバルデータ取引所で安全にデータの取得、商用化、取引を実現しています。

データ取引所では、オープンデータでのデータシェアや無料または有料のデータ取引など、様々なユースケースやライセンシングモデルを提供しています。 

グローバルデータ取引所では、データ提供者は自社データの使用権利の配布や設定をコントロールできます。Dawex グローバルデータ取引所は、数多くの企業にデータソーシングの新しい機会を提供しています。また、一定期間の取引を設定したり、新たなデータの機会がある場合には通知を受け取ることもできます。

success-stories-gdm

「COVID-19 データ取引」は、コロナウイルス感染症の拡大と経済への影響を低減するためのイニシアチブです。

コロナウイルス感染症の拡大初期より、世界保健機関や EU などの機関は、ウイルスの感染拡大を抑制し、その影響に対応するために、データ流通を簡素化する必要性を強調していました。 
2020年3月、Dawex はプロボノ活動のイニシアチブとして、公的機関と民間機関の間で非個人データへのアクセスやシェアを簡単に行うことができる「COVID-19 データ取引」を開始しました。

このイニシアチブでは、Dawex は Microsoft 社と協力しています。また、東京大学、Business France、Groupe Caisse des Dépôts-Banque des Territoires、France Digitale などの代表的な機関もこのイニシアチブをサポートし、このデータ取引プロジェクトに参加しています。

success-stories-co19

高度なデータ取引テクノロジー

あらゆる業種の企業が、Dawex のテクノロジーを活用して信頼できる安全なデータ取引のエコシステムを作成、運営し、ビジネス課題の解決やデータのコントロールに役立てています。