エネルギー関連データ取引ソリューション

エネルギー関連エコシステムのためのプラットフォーム

広範なエコシステムでエネルギー関連データの可能性を解き放つ

エネルギー業界と関連する公共サービスは多くのデータを所有しており、それらのデータの流通により、運営効率を向上させることができます。業界組織の内部システムは、数多くの多様なソースからのデータ (負荷予測、ネットワーク品質、スマートメーターなど) を生成しています。これらのデータは非常に大きな可能性を秘めており、イノベーションを模索する利用者からの需要が増加しています。自動車メーカー、建築業界、銀行、金融サービス企業など、エネルギーバリューチェーンの一員である利用者が、エネルギー関連データを求めています。

これらのデータを安全で信頼できるプラットフォーム上で広範なエコシステムと共有・取引することで、データパートナーシップを構築できます。パートナー、顧客、サプライヤー、その他の公的機関や民間組織が自社データを配布したり、エコシステムの他の参加者からソーシングすることで、データ取引はデータエコシステムを構築し、発展させます。

エネルギー関連のエコシステムを整え、価値を引き出す

データは、革新的な経済モデルの創造を促す商品でもあります。このような新しいビジネスモデルでは、データ取引所でエネルギーデータのソーシング、共有、取引を行う機会を作り出し、データの生成者と利用者間の橋渡しをします。また、構造化され安全なプラットフォームにより、データに基づいた新しいサービスの開発、価値ある提案の改善、分析能力や理解能力の強化などを実現できます。エネルギー関連のデータ取引は、多分野におよぶエコシステムの発展を促します。

エネルギー分野関連のデータの提供と要望を安全な 1 か所のデータハブに集約

データ取引テクノロジーにより、エコシステムに関わる公的機関および民間組織はデータをソーシング、共有、配布、取引、商品化できます。エネルギー業界の公共サービスや民間企業により生成または集約されるデータは、データ取引プラットフォーム上で安全に流通できます。

データハブは、データの提供者と利用者の関係構築を促します。データハブによりデータ取引を管理、構造化、規制し、付加価値の高いデータ製品やデータの出品を構築できます。また、データの出品はオープンデータライセンスや商用ライセンスを利用して、有料または無料での提供が可能です。

広範なエネルギー関連エコシステムをカバー

データパートナーシップを築き、需要が高いエネルギー関連業界データを提供する複数のソースに簡単にアクセスできます。

データ取引をビジネス化する

革新的な技術を活用した枠組みを提供することで、データ取引を商品化します。

革新的な商品を開発する

新しいデータを発見して組み合わせ、革新的な商品やサービスを開発し、収益源を増やすことができます。

エネルギー設備のエコシステム

再生可能エネルギー市場のエネルギー設備メーカー (太陽光パネル、燃料電池、風力発電機) とコネクテッドハウス向け商品のメーカーは、顧客のニーズに応えるために製品の効率性と頑健性を改善する必要があります。このような企業は、エネルギー業界からの包括的なデータセットを以下に活用できます。

  • 機材の欠陥の予測精度の向上
  • 付加価値のあるメンテナンスサービスの提供
  • 製品の新しい使用例の発見
  • 顧客満足度の向上

建築業界

人口増加に伴う都市化や持続可能な開発に伴う課題に取り組むため、建築業界は新しい目標に合わせて社外データや環境大気データを分析する必要があります。建築業界は、エネルギー関連のデータを以下に活用できます。

  • エネルギー排出量の低減
  • 人口の都市化に対応するための優先分野の定義
  • さまざまな地理的ゾーンにおける住居やオフィスのエネルギー消費習慣を基にした、建設モデル (素材、構造) の最適化
  • 新しい建設モデル、素材、エンジニアリング技術の産業化

公的機関およびスマートシティ

公的機関は、スマートメーターを利用したエネルギー消費とエネルギー消費態度に関連したデータの分析を以下に活用できます。

  • インフラストラクチャの改善
  • 二酸化炭素排出量目標の達成および気候変動による影響の評価
  • 人口の移動に基づいたエネルギー消費の計画および予測
  • 電気およびエネルギーマッピングの正確なベースラインの作成
  • 建設プログラムによる環境への影響の評価
  • エネルギー消費の低減に基づいた都市計画の策定

保険、銀行、金融

保険、銀行、金融サービス業界は、エネルギー関連データを以下に活用できます。

  • 経済トレンドの把握と投資戦略の策定
  • エネルギー生産データを統合し、経済モデルを改善
  • エネルギー商品の匿名データからリスクモデルを策定し、成果や傾向を特定
  • 申請フローを先取りし、処理スピードを向上

自動車メーカー

電気自動車や自律走行車の登場により、自動車メーカーなどの自動車業界関係者は、従来のモデルを大きく変換してきました。このような状況で、エネルギーの消費と最適化は重要な役割を果たします。自動車業界は、エネルギー関連データを以下に活用できます。

  • 電気自動車のエンジニアリングプロセスの最適化
  • さらに強固なテクノロジーの構築
  • バッテリーの再利用を念頭においた電気自動車の設計を容易にするための他産業との早期の協業
  • 電気自動車の充電スタンドの正確な地図の提供
  • 顧客を中心にした新しいサービスやカスタマイズしたサービスの提供

エネルギー業界への人工知能の投入

スマートデータの活用を加速させ、データ経済の発展に積極的に取り組むには、人工知能トレーニングモデル向けのデータ流通が重要になります。現在の人工知能の主な課題の 1 つは、エネルギーエコシステム全体での広範なデータ配布の欠如です。そのため、特に市場でも小規模な組織の間で、人工知能への世界的なリーチが制限されています。膨大な量のソースとデータセット、およびデータパートナーシップを構築することで、エコシステム全体で以下のために人工知能モデルを開発できます。

  • エネルギー消費またはエネルギー生産のより優れた予測の取得
  • 新規モデルの特定およびエネルギー効率の改善
  • 顧客行動のより深い理解
  • 再生エネルギーへの移行を協力して計画

エネルギー業界のデータ取引を始めて展開し、発展させませんか?

Dawex は公的機関および民間企業がデータ取引のロードマップを策定し、エネルギー関連データを社内外で流通させる準備を整え、データハブの統括者になるためのサポートをさせていただきます。

Dawex は専門性を活かし、エネルギー業界関連組織のデータ取引戦略策定をサポートしています。データ取引テクノロジーを活用し、エネルギー業界の関連組織は特に自動車メーカー、建設業界関係者、金融組織を集約したエコシステムを構築できます。また、データ取引テクノロジーは人口知能モデルの開発を最適化するインフラストラクチャも提供します。

エネルギー関連データを活用して、生産性と効率性を向上する

データ取引により、エネルギー業界の関連組織はソーシングしたデータや生成したデータを価値のある資産に変換し、生産性を向上できます。データ取引テクノロジーの活用により、リスク低減、革新的な製品やサービスの開発、企業価値の向上などのビジネス課題にも取り組むことができます。

データ取引の最新ニュースをチェックしましょう

データ経済の発展、データ取引の成功要因、データ取引所のビジネスメリットなどに関する四半期ごとのインサイト、分析や見通しをお送りさせていただきます。

エネルギー分野に特化したデータ取引エキスパートとの電話相談をご予約ください