企業の生産性と効率性を向上

データを価値のある資産に変える

データ取引で、生産性と効率性を向上

データ取引は、事業で生成されるデータを変換し、あらゆる関係者がアクセスできる貴重な資産に集約することで、組織の生産性を最適化します。

コンサルティング会社 IDC 社によると、世界のデータ生産量は2025年までに 175 ゼタバイト (ZB) に達すると予想されています (出典:IDC 社『 The Digitization of the World - From Edge to Core, David Reinsel』 – John Gantz、 John Rydning、2018年11月)。現在、生産性の課題はデータへのアクセス、トレーサビリティ、関連性、流通に焦点が当てられてます。

データ取引は生産性向上への道を開き、以下を実現します。

  • 情報の流通と可視性の向上
  • データのトレーサビリティの提供により、データ使用者の効率性を向上
  • 部門および組織間のコラボレーションを強化
  • 分散したデータソースをアクセス可能な 1 か所の場所に集約
  • 社内データを補完する、社外データの使用を促進
  • より優れたインサイトの生成を促進
  • 意思決定のスピードと品質を向上
  • データを探すための時間を節約することによる、コストの削減


データ取引は、データの情報、インサイト、マーケット知識への変換を加速します。これにより組織は効率性と収益性を高め、データ主導の世界で競争力を強化できます。

データの活用により、パフォーマンス、効率性、収益性を高める

データ取引を大規模に活用しましょう。

 

「API-Agro プラットフォームは Dawex データ取引テクノロジーを使用しています。このプラットフォームにより、農業分野におけるデータのソーシングと流通が容易になりました。おかげでコラボレーション、効率性、意思決定を改善することができました」
Sébastien Picardat 氏
Agdatahub CEO

データ主導による生産性

データ取引でビジネスを強化

Dawex はデータ取引テクノロジーをリードしています。Dawex は高度なソリューションと専門的なアドバイスを提供し、お客様のデータ取引戦略の設計と導入をサポートします。Dawex は2020年に世界経済フォーラムの「Tech Pioneer」に選出されました。また主要な調査会社から、データ取引プラットフォームテクノロジーとデータ取引所プロバイダーをリードする企業として認められています。

データ取引を強力なビジネスメリットに変える

データ取引を活用して、組織の変革を進めましょう。Dawex のデータ取引では、さまざまなライセンスモデルをサポートしています。また、データ取引の安全性を確保するだけでなく、現行の規制の遵守も実現します。

データの価値を最大化するには、社内やより広いエコシステムでデータの流通を組織し、配布し、調整するための環境の整備が求められます。