データ取引 - 組織に必須の能力

データ取引テクノロジーはイノベーションと新しいビジネスモデルの中核を成し、組織によるデータソーシング、マネタイズ、データ取引を実現します

なぜデータ取引が必要なのでしょうか?

組織の内外でのデータ取引能力は、あらゆる業界で成功するための非常に重要な要素になっています。データ取引により、急速に進化する顧客ニーズや、社会と環境の劇的な変化によって生まれるビジネスの課題を解決することができます。

データの需要と供給は急速に成長しています。組織内外のデータを上手く活用することは、効率性と生産性の向上、直接・間接の収益源の創出、企業価値の向上による価値の創造を最大化するために、非常に重要です。データ取引およびデータ取引所では、規制を遵守しながら安全なデータのソーシング、配布、マネタイズ、取引を実現し、多くのステークホルダー間でのデータ流通を加速させ、促進することができます。

Dawex データ取引テクノロジーでは、ビジネス目標とデータ戦略に応じて無料またはマネタイズ化ビジネスモデルを採用したり、複数のユースケース (社内データ取引、データソーシング、無料のデータシェア、オープンデータ、データのマネタイズ) を設定したり、顧客・サプライヤ・パートナー・支社やその他の多くの組織間でデータ取引所を編成したりできます。Dawex データ取引テクノロジーは強力なガバナンス、セキュリティとトレーサビリティを実現することで、組織がデータ取引を産業化し拡張できるようにします。管理型、分散型、ハイブリッド型など多様なデータ取引モデルもサポートしているため、それぞれの組織のデータ取引要件に合わせて適切なインフラストラクチャを採用できます。

データ取引は、データ主導で効率性を改善し、直接・間接の収益源を創出し、リスクを低減して企業価値の向上を目指す組織にとって、欠かすことができない要素です。

なぜ、いまデータ取引なのでしょうか?

データ取引とデータ取引所は現在、世界中の数多くの企業、公的機関、政府にとって優先事項になっています。

  • これは、事実を見るだけで明らかです。 リーディング企業や業界コンソーシアムが、垂直型または地域に焦点をあてる形で、特定の分野に特化したデータ取引所を開設、運営しています。
  • 政府が資金を出資し、民間と公的ステークホルダーの双方が利用できる組織化されたデータ取引所のイニシアチブが増加しています。
  • 国家機関および超国家機関は、データ所有者を保護しつつ、組織間のデータフローを促進する新しい規制を採択しています (EU の GDPR、EU における非個人データの自由な流通、California Consumer Privacy Actなど)。
  • 公的組織と民間組織が協力する非営利団体が、データ取引とマネタイズの新しい枠組みを定義し、データ提供者と取得者間の相互運用を促進し、信頼を構築しています。

受賞歴を誇るデータ取引テクノロジー

Dawex は世界中の公的組織と民間組織の間でデータ流通を加速・促進させるため、高度で総合的な最新のデータ取引ソリューションとテクノロジーを提供しています。

Dawex のデータ取引テクノロジーは、データ取引市場をリードするソリューションとして独自のポジションを築いています。そして、以下を活かして将来もそのポジショニングを維持するよう努めています。

  • 明確なマーケットビジョン、および当社の製品をすでに日常的に使用している何千もの組織とのつながり
  • 最新のテクノロジー、データ科学、セキュリティのリサーチに対する継続的な投資
  • データ取引ポリシーを前進させるための、欧州および国際的な機関、非営利団体との何年にもおよぶ協力と貢献
「データ交換は、人々や社会がデジタル時代を最大限に活用し、データの価値を解き放ち、経済成長を促進し、その恩恵をより公平にもたらす一助となります。日本政府はデータ取引市場の採用を積極的に検討しており、この度の重要で新しい世界的な取り組みを歓迎しています」
平井卓也デジタル改革担当大臣
世界経済フォーラム、DCPI (共通目的データ・イニシアチブ) 発表 (2020年12月)

補完しあう 2 つの高度なソリューション

グローバルデータ取引所

データ取引所には、世界中の 20 以上のビジネスセクターの13,000の組織からデータの提供者と取得者が集まり、あらゆる種類のデータを規制を遵守して安全にソーシング、取引、マネタイズしています。取引にはブロックチェーン技術が使われ、ライセンス契約の整合性が保証されています。

データ取引プラットフォーム

データ取引プラットフォームでは、組織のエコシステムを利用してデータをソーシング、配布、取引するデータ流通を組織できます。このソリューションでは、無料/有料に関わらず、様々なデータ取引ケースをサポートしており、組織内のデータ共有、データソーシング、無料のデータシェア、データマネタイズやデータ取引所の管理を行うことができます。

どのような業種でもデータ取引から恩恵を得られます

すべての業種において、企業の境界を越えて広がる問題を解決するためには、データ取引が重要です。関連する社外データにアクセスして社内ソースと組み合わせることで、データに精通した組織として違いを生み、競争上の優位性を築くことができます。

ビジネス要件や課題に応じて採用できる業界ごとの事例をご紹介します。