旅行・観光業界向けデータ取引ソリューション

旅行業界におけるデータの取引により、円滑で安心して楽しめる旅を可能にし、旅行者にパーソナライズされた体験を提供できます

データ取引で組織のレジリエンスを高め、将来の課題に対応する

コロナウイルス感染症の拡大により、旅行・観光業界においても変革の必要性が加速されました。現在の不安定な状況に対応しつつ将来に備えるためには、組織のレジリエンスが重要になります。

今日の旅行者のニーズや旅行エコシステムの要求に応えるには、旅行者の期待を先読みした、柔軟でタイムリーなサービスの提供が求められます。その目的は特別な顧客体験の提供であり、そのためには、顧客の期待を超え、最初から最後までパーソナライズされた体験を提供し、コストとプロセスを最適化する必要があります。

Dawex データ取引テクノロジーは、旅行・観光業界における規制を遵守した安全なデータ流通を容易に実現し、成功する顧客体験の提供とエコシステム全体の収益性の改善をサポートします。

データの力を活用し、ビジネスに新たなアプローチで取り組む

空港のセンサーや旅行会社からの最新トレンド、位置情報に基づいた稼働率など、旅行・観光業界は膨大なデータを保有しています。このようなデータを Dawex データ取引テクノロジーを活用して広範なエコシステムで安全に共有または商品化することで、最高の顧客体験を創造し、提供することができます。

柔軟かつ安全で、パーソナライズされた旅を提案

旅行業界の組織は、柔軟でセルフプランニングが可能な、パーソナライズされた旅の体験を顧客に提供しようとしています。データ取引を活用すると、顧客の旅程に自社のデータとエコシステム他社のデータを統合して、円滑な顧客体験を後押しできます。

業務効率を改善

燃料補給の平均頻度、安全のベストプラクティス、部品の修繕率など、データに基づいた意思決定をすることで、利益率を改善できます。データ取引は、ビジネスプロセスを円滑に進めるために必要な情報を提供します。

データの商品化で生まれるビジネスチャンス

データ取引は、価値を生み出します。データという新商品の直接的な価値だけでなく、データ流通により習得できる情報から間接的な価値も生み出します。
「データというデジタル資産の活用は、石油の精製と似ています。場所を特定し、精製方法を把握するテクノロジー、使用方法を規定する法的枠組み、リソースを取引する取引所が必要なのです」
Suzanna Chiu 氏
Amadeus Ventures 社、ディレクター

旅客運送業

旅客運送企業は、デジタル世界に精通した顧客に円滑で安全かつ実用的な移動手段を提供する必要があります。

ネット慣れした顧客はパーソナライズされた特別な体験を期待するだけでなく、旅行の好みも絶えず変わり続けます。旅客運送企業はこのような顧客の要望に応えながら、効率性と収益性も維持しなければならず、大きな課題に直面しています。安全なデータ取引によりデータに基づいた以下のような決定が容易になり、最高の旅行体験を提供できます。

  • 荷物の重量データにアクセスし、搭乗/乗車時間と荷物の引き取りにかかる時間を短縮する
  • 搭乗手続き/搭乗前の空港内での旅行者を魅了する新サービスを開発する
  • 飛行機のセンサーと航空会社からのデータを組み合わせ、地上オペレーションを最適化する

旅行会社

旅行者の体験についての知識と理解度を深める

従来の旅行会社やオンライン旅行会社は、観光協会、スマートシティの業界データやウェブ検索データを活用して、新しい旅行体験を企画できます。

旅行会社は業界他社と協力したり、データ取引テクノロジーを使ってリアルタイムの旅行データを共有することで、より魅力的な旅を提案できます。以下のようなデータの活用例が考えられます。

  • フライトデータにアクセスし、フライトの遅延やキャンセルの場合に旅程を自動的に組み直す
  • 空港やクルージング会社のデータを活用して、セキュリティコントロールの時間を改善する
  • 顧客の習慣に応じて、レンタカーサービスやホテル予約の地域別傾向を判断する

旅行体験プロバイダー

新しいトレンドや旅行者の将来のニーズを先取りする

少人数グループのガイド付き見学やエキサイティングな体験など、旅行者は専門サービスや現地の魅力を堪能するために旅行体験プロバイダーを利用します。旅行体験プロバイダーは地元の行政機関、公共交通機関、保健・安全機関のデータを活用することで顧客のニーズを先取りし、将来のトレンドを作り出すことができます。

データを活用することで、旅行者のニーズや希望をリアルタイムで理解できます。以下のようなデータの活用例が考えられます。

  • 空港データにアクセスして、運航の最適化、サービス品質や定時運航率の改善に活用する
  • 評論家やインフルエンサーと旅行のトレンドについてのデータを共有し、新しいオンデマンドの体験を作り出す
  • 顧客に代わって交通機関やホテルのオプションをトラッキングし、必要な場合にリアルタイムで別のオプションを提案する

旅行インフルエンサー

データに基づいたおすすめ

新しい旅行先のアイデアを提案する前に、おすすめするコンセプトが適切かどうか確認が必要な場合があります。そのような場合でも、公的機関、旅行体験アプリケーション、旅行関連サイトのデータを活用することで、提案前に旅の詳細を把握できます。また、旅に対する顧客の好みの変化を先取りすることで、ニーズにあった旅行や日程の提案も可能になります。データ取引テクノロジーは、以下のようなケースでデータ取引を促進します。

  • 旅客輸送データや宿泊先データにアクセスして、フルサービスの体験を提案する
  • データに基づき、地域のニーズに合った観光キャンペーンを作成する
  • データパートナーと連携し、デジタル化やサービスに対する顧客の新しいニーズに応える

データ取引ソリューションを活用して組織の課題に取り組む

データ取引テクノロジーは、規制に準拠した安全で信頼できるプラットフォーム上で必要なツールを提供し、組織のリスクを低減します。データ取引により新製品や新サービスの創造を促し、企業価値を高めることができます。

データ取引ソリューションは、データソーシングを最適化し、パートナーのエコシステムとデータを取引することで、組織の生産性と効率性も向上させます。

データ取引の最新ニュースをチェックしましょう

データ経済の発展、データ取引の成功要因、データ取引所のビジネスメリットなどに関する四半期ごとのインサイト、分析や見通しをお送りさせていただきます。

旅行・観光業界のデータ取引に特化したエキスパートとの電話相談をご予約ください