データ取引で新たな収益源を生み出す

組織のビジネスチャンスを拡大しましょう

データの価値を解き放つ

データは価値の高い資産であり、そのボリュームは増加し続けています。このようなデータは公的機関や民間企業に新しい収益源とビジネスチャンスをもたらします。

Dawex の高度なデータ取引テクノロジーは、顧客、パートナーやサプライヤーで構成されるコミュニティのエコシステムでのデータ製品の共有、配布、ソーシング、商用化を可能にします。

データ取引により、直接的および間接的な方法で組織内外のデータの価値を高めることができます。 

  • 持続可能な新しい収益源を生み出します
  • 生産性と効率性を大きく向上します
  • リスクを低減します
  • 企業価値を高めます

データ取引で新しい収益の創出を目指す

Dawex データ取引テクノロジーにより、新しい経済モデルや革新的な製品を作り、データ主導のサービスを開発し、エコシステム内での関係を強化することができます。

Dawex データ取引テクノロジーでは運用、セキュリティ、トレーサビリティ機能を提供しています。このような機能により、データ取引の産業化を進め、データの潜在的な価値を最大限に引き出します。

「2022年までに大企業の35% (2020年は 25%) がデータ取引所を通してデータの提供者または取得者になるでしょう」

 

Gartner 社 - 『Top 10 Trends in Data and Analytics for 2020』

新しい収益源を生み出すための 3 つのアプローチ

1.データを直接活用

データの直接的な収益化とは、データを他の公的機関や民間組織に直接販売して収益を生み出すことです。

データの直接的な収益化には、主に 4 つの方法があります。

2.プラットフォームへの直接アクセスを活用

プラットフォームへの直接アクセスの活用は、組織内外のデータ提供者とデータ取得者がプラットフォームにアクセスし、データ取引所の運営者が月次/年次で継続的に収益を生み出すことができるビジネスモデルです。

このようなデータ取引所の運営者は、3 つの方法を組み合わせたビジネスモデルを採用できます。

  • 無料またはフリーミアムモデル
  • 取引モデル:データの取引ごとに料金が支払われます
  • サブスクリプションモデル:特定の権限を付与したプランを定義します (ユーザー数や検索数のクォータ、取引数、ライセンス契約、地理的範囲など)

3.データを間接的に活用

データの間接的な収益化とは、自社の営業パフォーマンスや運営パフォーマンス改善のための情報を得るためにデータを活用することです。

自社が生み出すデータを使って自社の活動を改善できるだけでなく、以下を実現できます。

  • 顧客のニーズに対する理解を深め、提供サービスをニーズに合わせたり、顧客体験を向上させる
  • サプライヤーやパートナーとの関係を強化する
  • 高価な生産ツールを再評価したり、在庫を低減したりして、コストを減らす
  • 新しいカテゴリーの顧客をターゲットにして、新しいサービス、商品、市場を開発する
  • プロセス、運用や従業員の生産性と効率性をモニターして、リソースの割り当てを最適化する

データから価値を生み出すための単一のプラットフォーム

データの潜在的な可能性を利用して新しい収益源を作り出すには、信頼できる安全なデータ取引環境が必要です。データ取引プラットフォームの信頼できる安全な環境は、データを簡単に流通させ、データ流通を加速させます。

独自のデータ取引所により、パートナー、顧客、サプライヤーや支社など、組織のエコシステムとの効果的なコラボレーションを実現しましょう。

データ取引戦略を構築するための最初のステップ

データが実現する新しい収益源を最大限活用するには、データが切り開くあらゆるビジネスチャンスを取り込んだデータ取引戦略が必要です。