ヘルス

将来の医学は、研究所、病院施設、公的機関、新規参入者など、ヘルス業界の異なるステークホルダー間でのデータのシェアがベースになります。

医薬品研究所

健康に関する膨大なデータの分析は、製薬分野を変貌させています。研究開発コストの削減、クリニックテストの最適化、治療のパーソナライズ、患者へのサポートの改善など、その展望には大きな期待が寄せられています。

病院施設

患者と治療経緯の知識が豊富な病院やクリニックは、ヘルスデータの活用において重要な位置を占めています。病院やクリニックでは、自分達のデータを他のヘルス機関のデータと組み合わせることで、診断や治療品質の向上を目指しています。

病院の医療ベッドにあるナースコールボタン

公衆衛生

政府機関は、ヘルスデータ全体を巨大なデータベースに集結させ、プライバシーを尊重しながらもデータの共有と利用を推進することを目標に掲げています。その中で、費用を抑えながらより良い治療を実現することが課題となっています。

ヘルステクノロジー

多くのスタートアップ企業が、ヘルス関連のコネクテッドオブジェクト(ライフログ) を開発しています。これらのデバイスからは非常に膨大な生理学データが生成されます。これらのデータは、疫学を向上させ予測医学の出現を容易にする宝の山でもあります。

聴診器、カルテ、ノートがあるデスク上の PC で仕事をする医師。

データ取引の最新ニュースをチェックしましょう

データ経済の発展、データ取引の成功要因、データ取引所のビジネスメリットなどに関する四半期ごとのインサイト、分析や見通しをお送りさせていただきます。