データ取引テクノロジーでリスクを低減

安全でセキュアな環境でデータを流通させましょう

データ取引に安心して取り組む

公的機関でも民間企業でも、あらゆる組織にとってデータは戦略的に重要で貴重な資産です。データ取引の総合的な枠組みは、あらゆるリスクを特定・測定して影響を低減しながら、信頼できる安全な環境を作り、データの価値を最適化します。

データ取引に取り組むあらゆる組織は、参加者間の信頼構築のために、適用されるあらゆる法規制やルールを遵守しながら、データ流通の可能性を追求する必要があります。

コンプライアンスを遵守し、規制に対するリスクの低減に特化した高度な機能

世界経済フォーラムによると、現在世界にはデータに関する 120 件以上の規制があり、その数は増え続けています。


データに関する重要な規制の大半は、個人データに関連しており、その範囲は細かな懸念から重要な責任にまでおよびます。この分野における影響力が最も大きく最先端の規制としては、欧州の EU 一般データ保護規則 (GDPR)と将来のデータガバナンス法、米国のカリフォルニア消費者プライバシー法 (CCPA) および日本の個人情報の保護に関する法律が挙げられます。

Dawex データ取引プラットフォームでは、ユーザーの利用プロセス全体で安全対策、チェックリスト、リマインダー、免責事項などを提供しています。これらの予防手段と対策により、適用される規制に組織が準拠し、その責任を認識するように取り組んでいます。

Dawex はデータ取引に関連するリスクを低減し、信頼できる環境の構築をサポートします。

法的取り組みを管理する強力な機能で、契約リスクを低減

データ取引所でのデータ取引や大規模なやり取りでは、契約的な義務を効率的に管理する必要があります。

Dawex データ取引プラットフォームでは、プラットフォームオペレーターやデータ提供者の法務チームに承認された雛形を使って、契約を設定・作成することができます

またプラットフォームの高度な機能により、データの取得または配布時の組織のすべての契約的義務を 1 か所で把握できます。

管理されたデータ取引環境で、風評被害のリスクを低減

データの種類に関わらず、データ取引は一般的に取り扱いが難しいテーマです。データ取引の扱いを誤った場合には、風評被害が生じる可能性があります。


Dawex データ取引プラットフォームでは、風評被害のリスクを低減するために、組織がすべてのデータ流通、データのやり取り、取引を全体的に把握できる管理された安全な環境を提供しています。データ取引プラットフォームは、データ保管のための暗号化されたセキュアなチャンネル、安全なアルゴリズム、公開鍵暗号だけでなく、認証された利用者をオンボーディングする高度な信頼管理ツールも提供しています。

データ提供者は、どのデータを誰と共有するか、どのような条件でどのライセンスモードを使用するかなど、さまざまな設定を総合的に管理できます。

Dawex データ取引プラットフォームの高度なトレーサビリティ機能を利用して、顧客やパートナーに安心してもらいましょう。

アドバイザリーサービス

データ経済に加わるには、データ取引の機会の特定、使用シナリオの定義、ビジネス戦略とデータ戦略を補完するデータ取引戦略の立案が必要です。データを戦略的なビジネス資産として取り扱うための貴社に合ったロードマップの策定には、専門的な知識も求められます。

Dawex はこれまでに培った構造化されたベストプラクティス、簡単に適用できる方法とアプローチで、成功するデータ取引戦略の定義をサポートいたします。

セキュリティおよびプライバシー

データを安全に共有するためには、データ侵害や漏洩リスクを予防する最先端のセキュリティが求められます。このような高度なデータ保護とセキュリティレベルを実現できるのは、セキュリティ バイ デザインとセキュリティ バイ デフォルトを採用し、プラットフォームの運用に対策を取り込んだデータ取引プラットフォームだけです。データ取引プラットフォームでは、データの取引とやり取りに安心して取り組んでいただくことができます。

企業価値を向上させる

金融市場や投資家は、データに精通した組織をより高く評価します。データ取引により、組織は本格的にデータ主導でビジネスを展開し、データ企業として利益を生み出せるようになります。

データによる組織価値の向上は、データという独特な資産の適切な管理から始まります。また、データから直接的・間接的に価値を生み出すためにすべきことも理解する必要があります。