データ取引を活用して企業価値を高める

データの潜在的な価値を引き出し、価値を高めましょう

データ取引を行う企業は、企業価値も向上

多くの組織は、所有するデータが貴重な資産であることを認識しています。情報化時代には、組織が所有するデータを組織の枠組みを越えてデータを紹介し価値を引き出すことができるかが、企業の実際の価値に影響を与えます。

多くの組織では現在、所有するデータを組織内の目的だけに使用しています。その一方、より多くの組織が自社のエコシステムとデータを取引する機会に注目し初めています。最近の MIT のレポート『The Global AI Agenda』によると、企業の 66% がデータを社外と共有して、AI を活用した効率性の改善、製品開発や新しいバリューチェーンの開発に活用することを前向きにとらえています。

データの安全な管理、流通、活用は、企業価値にも直接的にポジティブな影響を与えます。データに精通した企業になろうと取り組んだり、さらにはデータ生成企業になろうとしている組織では、利益率と市場価値が大きく高まっています。

「データにより収入を 1% 増やすことで収益が 10% 増え、企業価値が 25% 以上高まりました」

 

BCG - 『How IoT Data Ecosystems will Transform B2B Competition』

データ取引により、企業価値を向上

 

 

株主価値を高める

多くの場合、データの価値は過小評価されています。独立した方法で検証されたデータ価値の評価では、データという資産が企業全体の価値に対して占める割合が非常に高いことが明らかになっています。

データは 1 つの資産として評価・管理される必要があり、データ取引は企業価値を大きく向上させるための重要な要素になります。

データ資産を活用して、データエコシステムの運営者になる

データエコシステムを運営することで、データ取引により価値を生み出す機会を他の組織にも提供できます。

エコシステム内のデータ流通の最適化により、好循環を作り出すことができます。あらゆる参加者が最新のデータにアクセスすることができ、他のデータソースとクロス参照して新しいデータ製品を開発し、新たなデータ提供の機会が生まれます。

ブランドの資産価値を育む

データ取引所を運営することで、業界の中でもブランドが中心的なポジションに立ち、ブランド認知度を高めることができます。

データ取引はブランドの資産価値を強化し、企業の株式市場での評価にもポジティブな影響を与えます。

データ評価プロセスにより、組織の市場価値を高める

貸借対照表の資産としてデータを評価することは、重要なステップです。これにより、含み資産を測定され管理された資産に転換することができます。

自社が所有する重要なデータ資産を正式に特定し、組織内外の誰がどのような理由でそのデータ資産に関心を持つか検証することで、データが持つ本当の潜在的な価値を評価することができます。

データ取引により新しい収益源を増やす拡大する

信頼できるデータ取引能力を備えることで、組織はデータの直接的・間接的な収益化の機会を最大限に活用し、持続可能な新しい収入源を作り出すことができます。データを製品として扱うデータ取引事業を展開するだけでなく、データ取引を新しいサービスの開発や製品ポートフォリオの充実につなげましょう。