Dawex、Schneider Electric、Valeo、CEA および Prosyst が、産業界が信頼できるデータ取引ソリューション Data4Industry-X 構築のために結集

プレスリリース

フランス企業のテクノロジーと産業における専門性を集結させ、競争力があり
持続可能な欧州産業の発展を促進します

Logo D4IX-avec_marge@2x (1)パリ、フランス - 2024年2月08日 - 本日、安全で信頼でき、規制に準拠し、産業界のコントロールのもとで産業界が主導するデータ取引環境である Data4Industry-X の署名が行われました。 Data4Industry-Xソリューションは、競争力を高め、さまざまな国で展開する世界的な巨大産業組織のカーボンフットプリントの低減を目的として、まず自動車産業および原子力産業の課題に対応します。Data4Industry-X により、組織はイノベーションを加速し、複数の工場・組織・国で生成され取引されるデータに関連したサービスを提案するだけでなく、国内および国外で生成されたデータに対するコントロールを保持することができます。

Data4Industry-Xはフランス政府の「フランス 2030 (France 2030)」イニシアチブおよび欧州連合の「次世代の EU (Next Generation)」プログラムのサポートを受けており、AIF (将来の産業のためのアライアンス) からも支持されています。Data4Industry-X はDawexSchneider ElectricValeoCEA および Prosyst のテクノロジーおよび産業における専門性を活かし、産業のデジタルトランスフォーメーションをサポートし、産業データの高い可能性を活用します。

Data4Industry-X は国際的なイニシアチブである Manufacturing-X に貢献しており、安全で信頼できるデータ取引ソリューションです。Data4Industry-X は事実上の業界基準である Gaia-X の基準を実装しており、データ法など、データに関する欧州の新規制にも準拠しています。

分散化された製造業におけるデータ取引という産業界の課題に対応した Data4Industry-X は、効率性と生産性を向上し、データに基づいたイノベーションを加速させ、競争力を促進するだけでなく、産業界のカーボンフットプリントも低減します。 

大規模なデジタルトランスフォーメーションと産業主権という現状において、Data4Industry-X は国境や企業、工場の枠組みを越え、産業データ取引の可能性を活かすことで、欧州の競争力向上に貢献し、魅力的で持続可能な産業エコシステムを促進します。

「産業界は、欧州経済および世界経済における戦略的な柱です。信頼できるスペースでデータ取引を加速することは、産業界における企業のデジタルトランスフォーメーションのきっかけとなり、イノベーションや責任ある成長を促します」と、Dawex の共同 CEO であるローラン・ラファイは述べています。「Dawex の専門性とテクノロジーを Data4Industry-X の展開に活用し、回復力と持続性のある産業エコシステムの発展に貢献できることを、非常に光栄に思います」と、ラファイは締めくくります。

「信頼できるデータ取引は、協力を促し、パートナーシップを育み、新しい産業モデルを構築するために欠かすことができません。これらの新しいデジタルモデルは、より回復力と持続性があり、パフォーマンスが高い産業エコシステムへのトランスフォーメーションを加速するために重要です。Schneider Electric は、弊社の産業デジタルトランスフォーメーションにおける専門性を活かし、国際的な Manufacturing-X を代表するプロジェクトである Data4industry-X の発展に貢献できることを誇りに思います」と、Schneider Electric の SVP Strategy, Industrial Automation Business Unit である Prafull Sharma 氏は述べています。

Valeo の VP Industry である Romain Bruniaux 氏は、次のように述べています。「Data4Industry-X は安全で信頼できる共同のデータ取引ソリューションです。Data4Industry-X は製造プロセスのデジタル化を加速する素晴らしい機会を提供するだけでなく、スコープ 1 および 2の直接的・間接的な CO2 排出量を劇的に低減します。Data4Industry-X を活用することで、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという弊社の取り組みの実現をサポートし、目標達成に向けたアクションにつなげるために必要なデータを取得できます。」  

「Data4Industry-X は、業界でその価値を証明した国内のテクノロジーを活用しています。この分野では現在のところ運用ツールがわずかしかありませんが、欧州はこの分野において国際的にも最先端を進んでおり、製造業におけるデータ取引をリードできる可能性があります」と、Carnot Institute の Director CEA List である Alexandre Bounouh 氏は述べています。

「共同のインテリジェンス、共有されたビジョン、チームの共生。このような要素が一体となって、Data4industry-X を成功に導くのです」と、Prosyst の CEO である Abdallah Asse 氏は述べています。

 

Dawex について

Dawex は、データ取引ソリューションをリードする企業です。あらゆるビジネスケースにおいて、データ規制を準拠しながら、信頼できる環境でデータ製品を配布または共有するためのソリューションを提供しています。Dawex データ取引テクノロジーを利用することで、組織はデータ企業取引ハブ業界データハブデータ取引所などのデータエコシステムやデータスペースを構築し、経済・環境・脱炭素などの課題に取り組むことができます。国連の招きに応じて、Dawex は国連環境プログラムのデータ専門家グループに参加しています。Dawex は世界経済フォーラムのテクノロジーパイオニアを受賞しており、信頼性の高いデータ取引に関する国際的な標準化プログラムの発起人でもあります。2015 年に創業した Dawex は本社をフランスに構え、ヨーロッパ、アジア、北米、中東でビジネスを拡大しています。

 

 

プレス関係者連絡先 

コミュニケーションおよびマーケティング担当副社長
Isabelle Joulot press@dawex.com

 

About Schneider Electric

https://www.se.com/ww/en/

About Valeo

https://www.valeo.com/ja/日本/

About CEA-List

 https://www.cea.fr/english

About Prosyst

https://www.prosyst.fr/

 

LogotypeFrance 2030-rouge-bleu  EN Funded by European Union__