IoT データのマネタイズと取得

Dawex は世界中あらゆる業種の組織間で IoT データの取引とマネタイズを簡単に実現するために開発されました。

問い合わせる

「IoT(モノのインターネット)データには、顧客、顧客行動、製品、製品機能、コネクテッドオブジェクトに対するユーザーの反応など、様々なインサイトを実現する大きなポテンシャルがあります。しかし現在のところ、IoT プロジェクトに乗り出した企業でも、コネクテッドオブジェクトから収集されるデータが生み出す価値の大きな可能性をいまだに活用しきれていません。」 Gartner 社レポート(2016 年)

セキュリティとコンプライアンスを守りながら IoT データをマネタイズ

  • データ マーケットプレイス

    IoT(モノのインターネット)がもたらすデータは、データ経済に革命を起こしています。企業にとって、このデータはコントロールして活用すべき価値の高い資産になっています。Dawex では、多様な業種でデータバイヤーを見つけたり、新規のデータソースを見つけることができます。Dawex のマーケットプレイスは、コネクテッドオブジェクトから収集されたあらゆる種類のデータを取引しマネタイズできる、独立した独自の安全なマーケットプレイスです。

  • IoT データの取引

    Dawex では、データサプライヤは IoT データのマネタイズ条件を設定できます。ファイルまたは API での取引、履歴の有無、1 回限りのデータ提供またはサブスクリプション形式などを設定可能です。サプライヤはバイヤーごとにカスタマイズしたオファーか標準オファーを決めることができます。Dawex では、単一のプラットフォームですべてのデータのバイヤーおよびサプライヤを管理できます。

  • 契約化

    Dawex は IoT のすべてのステークホルダーがデータ取引を契約化するために、効果的なソリューションを提供しています。特に、データ利用条件、関連するライセンス権利、データ価格を詳細に設定できます。

  • コンプライアンス

    IoT データサプライヤのほとんどがサードパーティとのデータ取引の前にデータを匿名化しています。Dawex ではさらに、個人情報を含むデータ転送のための法的および規制義務を定めています。Dawex で実施されるすべてのデータ取引は、取引当事者間で共有される明確な適格性基準を事前に満たす必要があります。

データ & IoT カンファレンス:「コネクテッドオブジェクトのデータ:明日は新しい世界の始まりか?」

企業にとってテクノロジー面および経済面でどのような利害があるのでしょうか?この新しい無形資産からどのようにして価値を引き出せるのでしょうか?どのような社会的メリットと影響があるのでしょうか?

Dawex が開催したカンファレンスでは、このような多くの質問が著名な専門家、起業家、意志決定者から寄せられました。以下のビデオで、カンファレンスのハイライトをご覧ください。

フォローする

マーケットプレイスにアクセスして、世界中を相手にデータをマネタイズしたり、取得したりできます。
「プライベート データ エクスチェンジ」モードを使用すれば、セキュリティとプライバシーを尊重しながら、パートナー(支社、顧客、取引先など)とだけデータを交換したり、最大限に活用したりできます。

データ取引のテーマにご興味をお持ちですか?

ニュースレターにお申し込みいただくと、データ マネタイズおよびデータ取引に関する情報を毎月お送りさせていただきます。

E メールアドレスを入力すると、当社からの営業的提案を受け取ることに同意いただいたことになります。E メールに記載されている購読中止リンクを使用するか、当社チームにご連絡いただくと、いつでも購読を中止できます。